PRODUCT

「球」を組む

3次元の球体形状に木を「組む​」ことで、機能性を兼ね備えた空間アートを実現

約1400年の歴史をもつ組子は襖や欄間などの建具として愛されてきました。従来は平面的な表現が一般的でしたが、3次元形状に拡がる球体組子の技術に着目。生粋では唯一無二の技術をもつ職人のもとで技術研究を行い、最小サイズの球体と、球体を作る過程でみられる、未完成品として扱われてきた半球体を製品として展開。これらの製品はパズルのように部品を組むだけで球体形状が表現されており、最小限の素材を「組む​」ことで強度と軽さを兼ね備えた品となりました。木珠のひかりとかげに包まれ、ぼけーっと時を味わように過ごしてみてはいかがですか?

ぼけーっと。という言葉は日本独自のもの。名前をつけるほど、無の時間を大切にしていたのです。

せかせかと時間に追われる日々から自分を解き放ってみてもいいのではないでしょうか?

木珠 こだま

木華 こはな

そのほか